スポンサーリンク

増築部とブロック接続の箇所に笠木

ブロック塀に隣接する増築の壁面と旧壁面の隙間を鋼板で塞ぐ作業を行いました。
※降りこむ雨水が壁を伝って壁面とブロックの隙間に入り込むのを防ぎます。

仮でビニールを貼り付けて雨水の侵入を防いでます・・・。
この部分に鋼鈑を仕込みます。

使用する笠木(雨押さえ 材質:ガルバリウム)は鋼鈑製で、一部加工が必要です。
端の部分は、金切りハサミで整えます。

モルタル壁面の中に埋まる感じになります。
※画像はモルタル施工後です。

鋼板なので、防水面もしっかり守ってくれると思います。

本日の作業はここまで!

0