スポンサーリンク

エアコン電源の配線と壁面止め

壁面を貼る前の電源処理を行います。
エアコンの電源を設置しました。


電線を引いて、Boxを設置する所まで延ばします。

電源ボックス
電源ボックスを天井から200mmが中心になるように木ネジで止めて設置完了。
このボックスの100mm下にエアコン配管が通るので、丁度いい位置だと思います。


こんな感じのボックスを設置します。
ほとんどの日本規格のスイッチを取り付けることができます。
うちは、パナソニックのアドバンスシリーズです。

立ち上がり壁

床の間部分の立ち上がり壁を石膏ボードで施工します。

石膏ボード
今まではボード用ビスで止めていましたが、ガンタッカーで止めてみる事に挑戦。

タッカー ピン
「フィニッシュネイル」と言われるピン。
これが使えるガンタッカーだったので、早速使ってみる事に・・・・。
12mmのフィニッシュネイル。

ガンタッカー
こんな感じで打ちつけます。

フィニッシュネイル
判りにくいですが、赤い丸部分。
ボードに少し食い込んでいます。
これが正常な打ち込み。
パテ処理で平らになります。


判りにくいですが、少し飛び出ていますね。
これではパテ処理できません・・・。
ハンマーで増し打ちして石膏ボード面より凹にしましょう!


綺麗に貼れました!
但し、天井面のガンタッカー打ちはオススメできません。
バネの力で打つタッカーですから(笑)

本日の作業はここまで!

1+