スポンサーリンク

サイクルポート設置 その1

エントランス部分にサイクルポートを設置する作業を行います。
大切な自転車を雨や日差しから守ってくれます。

事前に購入しておいたサイクルポートは・・・。

作業工程は約2日間・・・。

漆喰塀

ここにサイクルポートを設置します。
サイズに注意して、支柱を立てる基礎を設置する穴を掘ります。

先ずは右の柱。
サイクルポート基礎
600mm程、掘り下げます・・・。

サイクルポート基礎
障害物が・・・。

割って撤去します。

サイクルポート基礎
基礎穴が掘れました!
電気のチューブがありますが、基礎に巻き込みます。

サイクルポート基礎
支柱を所定の位置に設置します。
※ミリ単位で間違わないように注意!

サイクルポート基礎
立ち傾きを垂直になるよう固定します。
今回もレーザー水平器で確認しました!
※垂直だけでは無く、高さも同じになるように!

セメントを練って流し込みます。
サイクルポート基礎
流し込んで、基礎上部をコテで整えます。

サイクルポート基礎
再度、垂直を2方向でしっかり確認。

続いて、左支柱の基礎。
サイクルポート基礎
掘って障害物を撤去します。

サイクルポート基礎
少し大きな穴になりましたが、小さいよりは大きい基礎が安心です。

サイクルポート基礎
現場が結構、散らかってきました・・・。(笑)

サイクルポート基礎
支柱をセットしてセメントを流し込みました。
レーザーで垂直を確認して固定します。

固定は後ろのブロック塀を使って固定しました。
サイクルポート基礎
サイクルポート基礎

ここの作業ポイントは数回、垂直を確認して修正し、固定を繰り返して行いましょう。
セメントがある程度安定(水が引く)するまで傾かないようにチェックします!
同時に支柱間隔が均等かもチェックしておきましょう。

サイクルポート基礎
左の支柱がセットできました!

サイクルポート基礎
サイクルポート基礎の支柱がセットできました!
上部のバケツは雨水が入らないように養生しています。

この後も時間を置いて3回ほど垂直の確認を行いました。

本日の作業はここまで!

0