スポンサーリンク

化粧室内 幅木仕上げ

本日はトイレ室内の最終仕上げです!
巾木(はばき)を貼る作業を行います。

巾木とは・・・。
巾木 床と壁の継ぎ目で、壁の最下部に取り付ける細長い横板の事。
床と壁の境目となり、汚れたり、掃除機などで壊れやすい壁の下部を保護するのが目的。

奥は完了して残りを貼っていきます。
貼り付けにはエポキシ系のボンドにて圧着しました。

棒で突っ張って巾木を固定し圧着。


本来は隠し釘などで打ち付けて固定するのですが、今回買って無かったので節約です。(笑)


手洗キャビネットとドア付近・・・。

これが結構手間のかかった所でした。
角は45度に切って合わせるのですが、微妙に角度が合わなかったりして削りながら合わせました。

これでトイレ関連のリノベーションが完了しました!

本日の作業はここまで!

0