スポンサーリンク

壁面の石膏ボード貼りと足場の準備

梁作業にロフト部分の作業が一段落して、室内壁面に石膏ボードを貼ります。
木地がある部分は施工が容易にできますが、土壁の部分は石膏系接着剤(GLボンド)で貼り付けます。

早速作業開始!


まだ材料が色々散らかっていますが、片付けながらスタート!


部屋の照明スイッチのBOXを取り付けて。


配線を施工。


「石膏ボード1枚目」

戸袋だった部分に補強木材を入れます。

隙間が大きすぎてGLボンドが使えない箇所は木材を入れて固定し、石膏ボードをビス止めします。


「石膏ボード2枚目」


「石膏ボード2枚と3分の1枚目」


石膏ボードのつなぎ目の角はカッターで切って削っておきましょう。
パテ処理の際、つなぎ目が安定します。


「石膏ボード2枚と3分の2枚目」


ビス穴やつなぎ目にGLボンドが余ったので荒く埋めておきます。
本仕上げの時に楽できます。


石膏ボード貼りはここまで・・・。

外壁足場の準備

2階北面の窓交換と戸袋撤去、軒瓦撤去、壁面漆喰仕上げの為に足場を設置予定です。
足場材料は鋼管の単管で組み立てる予定です。


先日、会社の取引先に格安で譲って頂いた足場材です。
4m、2m、5mの単管、クランプ(単管をつなぐ金具)単管ベース、ジョイント。
これだけあれば、高さ8m、幅3mの足場が組める予定です。


単管にシートをくくりつける紐と単管のローラーカッターを購入。

髙儀(Takagi) 単管・足場パイプカッター GISUKE TPC-100


これが単管と単管をつなぐクランプという金具。
この繋がったクランプを1個づつの状態にバラします。


4つのピンで繋がっていました。
片方の4箇所を削ってバラせました。


これを使って建物にネジで取り付けられます。
建物と単管をつなぐ為の金具になりました。

専用の金具は売っているのですが、沢山クランプを頂いたので利用しました。
詳しい足場の組み立ては後日ご紹介します!

本日の作業はここまで!

+1