スポンサーリンク

玄関外の壁面モルタル施工

今回のリノベーションで一番悩んだのが、外部に面した壁面仕上げ方法でした。
外部壁面の種類には、『サイディング工法』・『焼杉板工法』・『モルタル壁』などがあり、素人の私が行えそうな安価な工法・・・。

モルタル壁』に挑戦する事にしました。

リスクとして多いのが『ひび割れ』。
左官屋さんに聞いたら、砂の割合にセメントが多いと『ひび割れ』しやすいそうです。
なので今回は、砂(土のう袋1本)に対してセメント袋(25㎏)割る4=約6㎏と少しの割合で撹拌しました。

そして、必要な材料がもう一つ!

NSハイフレックス HF-1000 18K缶

NSハイフレックスを混入したモルタルは、セメントと骨材が強固に結合するため、セメントモルタルの物性を改善します。

早い話、モルタルの接着剤ですね、シーラーの意味合いでもよく使われています。
規定量を混ぜると、粘っこく壁に塗りやすいモルタルが完成します。

早速左官作業開始!

モルタルを練って壁を塗っていく・・・。結構な重労働です。(笑)


地道に丁寧かつ迅速に!
大体7ミリくらいの厚さで塗っていきます。


結構な重量ですが、『ラス網』にしっかり食いついて垂れずに塗り込めてます。


凸凹ですが、何とか完成ですが、下地なのでもう1回仕上げ材で塗る予定です。
1回では仕上げません・・・。
最低2度塗って、3回目に仕上げを行うとひび割れにくい壁面が完成するそうです。

今回はコテ240mmの角コテで塗りました。

下塗りは本来、木ゴテなどでザラザラした仕上げにするのですが、今回は漆喰仕上げかジョリパット仕上げかにするつもりなので、ツルツル仕上げでも可能です。

左官作業が午前中で終わって・・・・。

リビング予定部分の天井解体


赤○部分の天井を解体しました。

天井の裏には謎の骨が・・・。コウモリが住んでいた様子でイタチの糞などが天井を落とすと同時に出てきました・・・。
外壁を見ると、エアコン用の貫通穴がぽっかり空いており、そこから出入りしていた様子。ゾゾゾ~。


この洋室4.5畳は増築だった様子、画像右上、軒のモルタルもそのまま・・・。
当時は結構ずさんな改築を行っていたんですね~。

右を向いて和室6畳の上を見たところ↓

右側がポーチ予定の場所。

不衛生なホコリを吸い過ぎて喉が痛いです・・・。必ずマスクは着けましょう!
まだまだ先は長いです・・・。
本日の作業はここまで!

1+