スポンサーリンク

床組みの下準備と廃材まとめ

前回、旧押入れと床の間の解体も完了しました。
床板も薄く危険だったので、撤去して床板を新たに貼り替える準備です。
1階の天井裏のダウンライトが丸見え・・・。 
1階での懐かしい作業の跡が見えています。


キッチン部分の天井が丸見えです(笑)
前回の解体作業でゴミが散乱したままですね・・・。
掃除しなくてはいけません(汗)


早速床の下地組みを行う前に、墨出しです。
レーザー光線の線を投影させて、基準墨(基準になる線)を付けます。


うっすら赤いラインが投影されています。
ぐるりと平行な水平線が出せます。

便利な道具ですね〜。

レーザー墨出し機
水平だけではなく、垂直にも出せます。

下地を組む準備に取り掛かります。

計算した高さに木地の木を組みます。
ボンドを付けて、コースレッド(木ネジ)でしっかり締めます。


使えそうな廃材で組みました。
今回使えなさそうな木材はキャンブの焚き木として使用とてもエコです(笑)

おかげで、少しですが廃材が少なくて済みます。

土壁の残骸を土囊袋にまとめて。

15袋ほど出ました・・・。
部屋が土ほこりで呼吸が苦しくなりました。

必ず防塵マスクをしましょう!

本日の作業はここまで!

1+