スポンサーリンク

新設トイレの排水管埋設

新設するトイレの排水と給水の配管を行います。
奥にある旧トイレを使いながら新規にトイレを設置する準備を行います。

土間部分は、土にセメントを混ぜて固めながら配管を行いました。

まずは設置するトイレの図面を確認して、給水管を立ち上げます。

トイレはLIXIL社の『サティス』、給水床立ち上げの施工です。

※ 注意点は、便器の中心と床と壁面の仕上がり寸法を決めておくことです。

続いて排水の配管です。

ここでは必ず旧トイレの排水管よりやや高く配管しておきます。
後ほど旧トイレを撤去した際に新設した配管と接続さる為です。

手洗い器も設置するので、枝配管を取って50mmで配管を伸ばします。
配管は必ず水平器で勾配を取って、水が逆流しないよう施工していきます。

埋戻し作業・・・。

セメントを混ぜて配管が動かないよう埋め戻しました。

旧トイレと新設トイレの区切りも組めました。


新設トイレが完成するまでは、旧トイレを使います・・・。
完成後は洋室の収納庫になるスペースになります。

本日はドロドロに汚れてしまった・・・。
本日の作業はここまで!

0