スポンサーリンク

階段の施工1

大阪は今日、木枯し一番が吹きました! これから寒くなりますね・・・。
さて本日から階段の施工に取り掛かります!
初の試みで上手くできるか・・・、さぁ! 挑戦です!(^^)

既設の階段を逆にしてL型の階段を施工します!

階段図面作成

WEBで寸法や段数を入力すると自動計算してくれるサイトがありました!
便利な世の中ですね~。
建築計算サイト』で下記の図面を作成しました。

蹴込み幅や段数なども設定可能、快適な階段かの結果も表示してくれる強い味方です。
プロから見ると『自分で計算しろ!』って言われそうですが、何分素人なもので(笑)

全て通販で購入した材料も届きました!

購入した材料とは?

側桁 (乾燥杉板)4m 2本
杉乾燥仕上げ材(4面プレーナー仕上げ) 30x200x4000 2×3,704円=7,408円 送料=2,160円

踏み板(集成材)
メルクシパイン集成フリー板A級品(無塗装品)30x300x4200mm 2×7,550円=15,100円
メルクシパイン集成板APグレード  無塗装品 内装材 30x910x1820mm 1×8,050円 送料=3,210円

蹴込み板(集成材)
パイン集成材 無節 15mm×200mm×1800mm 7×1,600円=11,200円 送料=1512円

————————————————————————————-

材料費合計
側桁 9,778 + 段板  26,576 + 蹴込み 12,928 = 合計49,282円

なんと5万円台で階段が作れてしまいます!

階段の施工

墨出しを丁寧に行い、天板と蹴込板を貼る下地を角材で組立てます。


高さを作成した図面と格闘しながら施工して…。

段板と蹴込み板を裏から突き出ないようビスで固定。
天板30mm+角材37mmなので、ビスの長さは55mmを使用しています。


結構上手くできました!


下段の蹴込み部分に引出し収納を後日組込む予定です。


明日は回転部分の施工です・・・。

本日の作業はここまで!

1+