スポンサーリンク

エントランス部分の側溝

本日の作業は外部の側溝を修正します。
境界ブロックを積んで、高さが100mmあるので段差プレートを設置します。
しかし、現時点では段差プレートを置ける状態では無いので、側溝を加工します。

段差プレートは、簡単に言えば段差に据え置くスロープです。

車が乗り上げても大丈夫です。


ブロック側にプレートを置ける段を作ります。


段差が全く無いです・・・。


先ずは側溝の底面を強化する為に既設の底面を叩き割って均します。


続いて型枠を作ります。


1列の型枠ができました!


高さも境界ブロックの下面に仕上がるように・・・。


モルタルをミキサーで練り、セメントを作ります。
砕石も投入すると強固なセメントが出来上がります。


セメントを投入すると同時に型枠がズレないように木を咬まして固定します。
均一になるように計りながらの同時作業です。


ブロックに着いてしまったセメントは水刷毛で丁寧に洗いましょう!


大事なことを忘れていました・・・。
角を斜めにする為に目地棒(三角形)を同時に差し込みます。


目地棒はスチロール系の材料です。
断面が三角形ですね。


コンクリートの打設と目地棒の設置が完了!
型枠も動かないように木片で固定されています。


水が引く前にコテでしっかり擦って仕上げていきます。


6月の日差しも結構キツくてコンクリートも早く乾きそうです。

これで完成すれば段差プレーも設置できますね。

本日の作業はここまで!

1+