スポンサーリンク

外部給湯器への貫通配管と壁面モルタル

外部給湯器からの給水・給湯・追炊き・ガスの壁面貫通配管を行い、
給湯器の電通確認と外部壁面のモルタルを施工します。

増築した給湯器を設置する壁面の裏側、ユニットバスを設置する側の壁面。

H=給湯 C=給水 G=ガス 追=追炊き
電気は事前に配線していました。

まず、給湯の配管から施工しますが、今風のポリチューブではなく昔ながらの『銅管』を使用します。
ある程度の配管するサイズを測って配管の作り物をしておきます。
銅管を接続させるには、ロウ付け(ハンダ付け)の作業を行なって接続させます。

はんだ付けを行う為、はんだを着ける部分に塩素系の液体を散布して継手を差込みます。
あとはバーナーで炙ってはんだ『ソルダーワイヤー』を溶かし入れていきます。

設置完了!

給水は接着剤で差し止める配管、ガスはアルミフレキなので自在に配管、追炊きは湯船まで往復の2本でゴムホース式配管、右に立ち上げたオレンジのCD管はインターホンと門柱灯の配線。
リモコン配線も貫通完了!

外部モルタル壁塗り

続いて給湯器取付け側の壁面。
給湯器に接続する配管が出ています。

すっかり夜になり、ようやくモルタル塗り完了しました!
後日給湯器が配管の上に設置されます。


何とか上部まで綺麗に仕上がりました(^^)

Yahooオークションで落札した給湯器の電通テスト。

価格は15,000円程・・・。

問題なく動作確認ができました!
早く繋いで湯を出したい・・・。

本日の作業はここまで!

1+