スポンサーリンク

保温材仕込みと天井板貼り付け

残りの天井下地も完了して、引き続き保温材を仕込みます。
屋根下〜天井面まで結構ボリュームのある工程でした。
とにかくコンパネで塞ぎたい・・・・。
本日も足元に注意して作業を行います!

その前に、煙感知器を設置する為の配線を通しておきます。
本体は電池式ですが、インターホンに接続する為の配線(2芯)です。

ペンダントライトのコンセント付近に設置します。

天井下地
保温材を仕込みます。

断熱材
グラスウールなので皮膚に接触すると痛かゆい感じになります。
吸い込んだりしないよう、マスク着用して長袖で作業しましょう!

天井断熱材
あと少し!
屋根下と天井下地の隙間は約200mmあります。

天井下地保温材
敷き詰める事ができました!

天井下地保温材
長い道のりでした〜。
ようやく天井の板を貼ることができます!

天井板貼り

天井に構造用合板を貼ります。

天井
木工用ボンドを下地に塗って、貼ります。
天井の板にはビス止めします。
ビスは、コンパネに少し入り込むフレキビスの径(Φmm) 3.5 全長(mm) 25を使用しました。
1箱1000本ほどで730円くらいでした。

斜傾天井
構造用合板2枚で時間となりました・・・。

本日の作業はここまで!

1+