スポンサーリンク

床組みの下準備 ③ と床貼り

旧押入れ&床の間だった部分の床下地と板貼りを行います。
畳の部分はそのままの高さなので、同じ高さになるように床下地を調整します。
畳を敷いた高さからフローリングの高さ分下げて床板の天端を設置します。

床の基礎木材の上に根太(ねだ)を設置します。

床組
高さを確認しながら、丁寧に施工します。


まだまだ・・・。

この上から12mmのコンパネを貼ります。

床下地
3分の2ができました!
試しに床板を貼ります。
木工ボンドを根太(ねだ)に塗って木ビスで固定します。

床下地
いい感じの高さに施工できました。


残りの床下地も完了!
床を貼る前に・・・。

1階の天井から2階への電線をまとめます。
エアコン電源とコンセントの配線を仕込みます。
ジョイントボックス
よく見るこのカバー・・・。

結露や埃がジョイント部分に付いてショートしないように保護する器具です。
必ず使用しましょう!


ここでジョイントボックスを使用しています。

電線
各配線も無事に取れました。

床板を貼ります!


つぎはぎになりましたが、無事に床板を貼ることができました!

床の間
床が塞げて一安心!

フローリング下地
貼った板の部分にフローリングを貼ります。
貼った高さと畳の高さが同じになります。

本日の作業はここまで!

1+