スポンサーリンク

ロフトの基礎木材設置

子供部屋になる部屋の一部にロフトを作ろうと思います。


まぁ、ロフトって言うか屋根裏部屋って感じですかね〜。(笑)

本日は上の画像で青い線の部分に梁を入れてロフトの床準備を行います。


四角く彫り込んで角材が入るようにします。

反対側も・・・。

こちらは下から上にはめ込みます。


両方を彫り込んだので、早速角材を設置します。

重い・・・。


長さもジャストフィット!


1センチ彫り込んだ部分に綺麗にハマりました!


下からはめ込んだだけなので、落ちないよう加工を行います。
隣の梁と固定します。


とりあえず下に板を当てておいて・・・。
隣の梁に穴を開けてボルトが梁の面より入り込むように加工します。


金具を取り付けてボルトで固定します。
しっかり締めます。


ボルトが梁の側面から飛び出さずに収まっています。
反対側も同じ加工をして固定します。

もう1本施工します。


画像左奥の部分に一旦角材を置いて・・・。
結構重いです(笑)


こっちは上からはめ込むようになっています。


反対側は下からはめ込みます。


仮で木材を固定して。
後は同じように金具で固定して完了です。


無事にロフトの床になる躯体を設置できました。
乗ってもびくともしない頑丈な躯体です!

重量もあって結構な重労働でした・・・。(笑)

本日の作業はここまで!

1+