スポンサーリンク

屋根裏の断熱処理1

瓦屋根のすぐ下にある板部分に、発砲ウレタン系のカネライトフォームを敷き詰める作業を行います。
前回、南部屋の寝室で使用した『スタイロフォーム』を使用しようとしましたが、同じサイズでカネライトフォームが安価で販売されていたので、カネライトフォームにしました。

前回の続きから早速貼っていきましょう!


バラ板の隙間から夏場は瓦に蓄積された熱が屋根下→室内へ流れていました。


隙間もしっかり埋めていきます。
埋める事によって少しは遮熱されます。


ロフトが結構狭く、貼り付け作業も大変でした・・・。


約半分を貼り終えました、隙間には木工用ボンドで埋めて落下防止としました。


カッターで簡単に切れますが、きっちり計測しないと結構やっかいです。

本日の作業はここまで!

1+