スポンサーリンク

ガス管の接続配管

新設する給湯器用へのガス配管をおこないました。

昔の家なので、ほとんどの配管は鉄管で、ネジ切ったり寸法を合わせて切る手間がかかるので今回は、ガス用アルミフレキ配管を行いました。

※ガス配管は有資格者が施工を行う事が出来ます。

銅色が給湯、黒の塩ビ管が給水、白の管が鉄管のガス。

元々外部だった場所に風呂釜が設置されていました。
この場所までガス管が鉄管で配管されていて、ここから給湯器までフレキの配管を延長します。

作業も結構簡単で、フレキ接続継手を鉄管にねじ込んでフレキと接続。

配管継手もワンタッチで簡単に接続できます。
施工はフレキの3山をめくり、継手に押し込んで引くとロックがかかって完了。


給湯器を設置する外へ配管を出して・・・。


外に出た配管にゴミが入らないようにテープを貼っておきます。

本日の作業はここまで!

0