スポンサーリンク

増築屋根接続部分の防水施工

増築部分の屋根とバルコニー間のトタン屋根を撤去して防水施工を行います。
トタン屋根はボロボロになり、雨漏りの原因になっていました。

バルコニーと増築屋根を切離します。

下から見ると・・・。

切離した部分から太陽の光が差し込んでいます。

旧アスファルト防水の下にルーフィング材を差し込んで処理を行います。


隙間から漏水しないように、シール材を流し込みながらルーフィング材を1列貼ります。

隙間から1滴も水を漏らさない為に、しっかりシートを施工しました。

増築屋根部分にもルーフィング材を施工、上から水切り金物を施工しました。

漏水はこれで大丈夫!。すごい自信(笑)

防水処理が完了していますが、まだ隙間を埋める作業を後日パラペットを施工します。

本日の作業はここまで!

1+